CMSを使うシーン

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の公開予約機能が活用できるシーンはブログとして使う場合が一般的ですが、ネットショップで目玉商品を大バーゲンスタートという意味合いで、セールが始まる時間帯にページをアップしたいという時も便利です。cmsサービス「vibit CMS Neo」のサイトを参考に紹介しますが、公開日時を時間単位で予約設定できるので、時間のあるときに更新の作業を行っておいて、その後時間差で公開することが可能だということです。やはりキャンペーン時や情報公開のタイミングが肝となる更新には最適のようです。

 

ページ毎やブロック記事毎に公開日時を時間単位で予約設定できるので、お好きな時間に更新作業を行い、目的に応じて時間差で公開することができます。キャンペーンや新着ニュースなど情報掲出のタイミングが要となる情報の更新に最適です。

 

CMSは法人だけではなく学術関連施設や病院関係、官公庁関係、他ボランティア団体を含むあらゆる機関で、様々な形で導入されていますから無くてはならない存在になっているのです。もちろん目的の多くは自分たちの存在ややっている事などの情報発信をしていきたいというものですが、中には啓蒙活動や宗教活動など社会の仕組みを変えたいという大きな目的があっての運用もあります。いずれの場合においても希望の時間帯にタイマー予約できる機能は不可欠です。分業体制で管理されている時もタイマー予約機能は重要です。

かご

 

オプションとしてついてくるものもありますから、使い始めは極力シンプルにしてあまり作業が複雑にならないようにする事もできます。複数のサイトを掛け持ちで管理している場合など時間差でアップしていきたいというケースは、まさにタイマー予約は適切です。グループサイトそれぞれに担当者がいたにしても、それぞれの都合によって閲覧しやすい時間帯が違っている場合もあるなら、予約投稿はまさにおすすめです。